SERVICE02

アパート満室対策

ZABO DESIGNの

アパート満室対策をご提案

アパート

満室対策をご提案

空室率が高い地域でも
満室でアパート経営が可能
満室にするための秘策をご提案いたします

ZABO DESIGNの
入居率はなんと

98

全国のアパート賃貸オーナー様の大きな悩み「空室リスクの回避」。 経営する不動産が空室になってしまった場合、当然ですが家賃収入は得られません。 このリスクを「空室リスク」と言います。 当たり前のことかもしれませんが、空室リスクを軽減させるには、 「空室が出ない(出にくい)物件を経営する」ことが重要です。

「何を試してもダメだった」 それが本当かどうか、
相談しましょう。

  1. 新築で
    建てた時期が悪いから…

  2. 建てた空室期間がもう半年。
    閑散期は入らない…

  3. 管理会社は、
    「家賃が高い」と言い、
    値下げの話ばかり…

  4. 設備も古いし、
    内観もよくない。
    でも改装資金が無い…

  5. 築15年以上で、
    あちこち古く感じる…
    人気がないのかな…

  6. リフォームしたら
    入居率アップの話が
    全然決まらない…

実践を積んだプロの目線で的確なアドバイスが、 入居率100を叶える最初の一歩。 実践を積んだプロの目線で 的確なアドバイスが、 入居率100を叶える 最初の一歩。

アパート満室対策のポイント

  1. 早期入居裏技テクニック

    ネットからの入居申込が多い地域であれば、大きな効果が得られる早期入居裏技テクニック。
    ちょっと管理会社によっては、あまり良い顔しないかもしれませんが、実は効果的な施策を伝授いたします。ドラマチックに仕立ててくれます。

    Point01
  2. 築30年アパートでも満室対策

    築年数が高いと入居率が確かに落ちてきます。でも新築には出来ないとある方法で高い満室率を誇る施策アリ!低コスト・ハイクオリティで20代、30代、40代以上のユーザーにしっかりアプローチできる方法があります。

    Point02
  3. 家賃を値下げしないコツがある

    お金を使う前に知恵を使え!家賃下げる前に頭を使え!これが満室対策の最大のポイント。家賃を下げるのは最後の施策。家賃を値下げしないコツをしっかりまとめてますので、まずはお問い合わせ下さい。

    Point03

ZABO DESIGN

入居率100を叶える
最初の一歩はこちらから

アパート満室対策のご相談はこちら

その他のサービス